- Focus On Investment -

孤高の投資家ブログ

【やってみる価値があるから】

f:id:jyonetu:20170809145344j:plain

今回の記事は、日常の生活レベルから、大きな目標まで。

【やってみる価値があるから】というテーマで書いていきます。

 

「やるかやらないか」という話は良く聞きます。

「やるかやらないかであれば、やる」という決断をする。

これも後悔が残らない選択方法としてよく使うんではないでしょうか?

 

 

では「やる価値があるか、ないか」って考えた場合。

どうでしょうか?

 

もっと自分自身にコミットして、フォーカスできる感じがします。

だって人の価値観は星の数程、無数にあるから。

 

 

 

 

自分の価値観で決める

f:id:jyonetu:20170809150207j:plain

分の価値観で決めること。

これって難しいことでしょうか?

 

 

いいえ。

とっても簡単なことです。

 

 

 

例えば、何かやらなくてはいけない事が出てきた時。

まず浮かぶのが、「やりたくない」という気持ちではないでしょうか?

 

それはなぜなのか?

 

「やらなくてはいけない」っていう中に、「自分の価値観」が無いからじゃないでしょうか?

 

これをやって何になるんだ。とか

これをやって自分の為になるのかな。とか

 

中にはやらなければいけないことに駆られてる自分が好きだという人も居るかもしれませんが、僕はやりたくないことはやらない派です。

 

 

なぜなら、そこに自分が居ないから。

魂もなにも入ってないから、エネルギーを感じません。

 

 

そんな仕事や、やらなければいけないことなら、「やらない方が幸せです

 

大事なのは、自分自身にとって、今やることは「価値があるのかないのか」そして「100%コミットできるのかどうか?」という点だと思います。

 

 

闇雲に手当り次第やるのも時間の無駄遣いです。

だからと言って何もやらないのも時間の無駄遣いです。

 

一番大事なのは、自分が「やりたいと思うこと」そこには「それだけの価値がある」と思うことをチョイスして決定していくことです。

 

 

 

周りの期待と価値観

f:id:jyonetu:20170809151812j:plain

かに、周りの人からの信頼、期待というものはお金では買えないもののひとつです。

 

そしてなにより、有難いものでもあります。

ですが、同時に、大きな足枷になってしまう場合もあります。

 

いつも周囲の期待に応えようと頑張っているのに、なんだか満足できない。

いつも誰かの為に自分の時間を犠牲にしているのに、報われたことがない。

 

そこにはこんな真実があります。

 

 

 

他人と自分は全く違う生き物」だということです。

 

 

 

いくら血の通った兄弟や双子であっても何処までも同じ価値観で生きることは不可能です。

 

どこかで必ず違う生き方をし、違うモノを見て、違う感じ方、考え方を持って生きていきます。

 

 

単純に考えればわかる話ですが、ある意味、他人と違う人生を歩むことは恐怖であることもあります。

 

「赤信号みんなで渡れば恐くない」

とは良く言いますが、これこそ怖いものはありません(笑)

 

 

洗脳と同じです。

 

 

「みんながやってるから」「他の人がそう言ったから」

そんな他人の価値観で生きる事を選んでしまうと、いつまで経っても自分が満たされず、自分だけが犠牲になっているような感覚を抱いて生きることになります。

 

 

赤でも青でも黄色でも、渡ることを決めるのはいつも自分です。

それが他人の価値観や、期待に振り回されない生き方だと思います。

 

 

 

やってみる価値があるもの

f:id:jyonetu:20170809153759j:plain

れについては、どんな事がいいとは言えません。

まさに自分のみぞ知ることです。

 

 

僕が日常の中で、やる価値があると思うことを書いてみたいと思います。

 

 

 

歯磨き

最低でも朝起きたら、そして寝る前に。

「歯の健康は人生の健康」です。

 

虫歯になってしまうと、毎週のスケジュールの中に歯医者が入ってしまい、時間も無駄になってしまいます。

 

 

 

読書

ここ1年の中で取り入れた習慣です。

特に「投資」というファクターについて興味が出た時期に、お金を掛けずに自分に簡単に投資できる方法は何か?と思った時、やはり読書だと感じました。

 

そしてもう一つの要素は

「受動的であるか主動的あるか」という点です。

 

本というのは、その人の価値観に深く触れることで、自分の価値観のキャパを広げられる良い道具です。

 

誰かの講演を聴いたり、スマホでニュースを読んだりすることも大事ですが、1冊の本と向かい合うことは著者その人自身と向かい合うことであり、会話することと同じだと考えています。

 

一人静かな空間で本を読む時、著者と膝を突き合わせて話を聞いているような感覚に成れるのが好きなんです。

 

 

 

整理整頓

僕は自慢ではないですが、整理整頓が得意です。

空間を有効に活用したり、最適な位置に物を置いたり。

そんなことをするのが好きですし、考える時間も楽しいです。

 

仕事場でも、どんなに忙しい時でも

「なんか乱れてるな」と思ったら、整理整頓の時間を

作ります。

 

整理整頓は人生や仕事に大きな付加価値を与える行動だと

思っているので、これからも適宜やっていきます。

 

 

 

はてなブログ

これは僕の中で、いま最も価値を感じているファクターです。

こんなに身近に手軽に自分の内側にあるものをアウトプットできる場があることに大きな価値を感じます。

 

どこぞの人間かもわからない僕のような者に、コメントやお星様を付けてくれたり。

色んな方と繋がっていると感じられるブログに出会えたことも、僕がブログの中で、はてなを選んだことも良かったと思っています。

 

これからも、この価値観を大事に、続けていこうって思います。

 

 

 

最後はひとり旅

 

これはちょっと、日常の中に取り入れることはちょっと難しいかもしれませんが、どうにか時間や資金を作り、やる価値は大いにあります。

 

 

その内容についてはこちらの記事で書いてありますので

読んでみてください!

flontline.hatenablog.com

 

 

 

色々書きましたが、自分で何かに価値を感じたら、次はそれを続けていくこと。

この段階こそがもっとも難しいかもしれませんが、習慣が人生を創る、もっと

言えば「その人を創る」ということになります。

 

 

良いと思ったものは取り入れ、実行し、続けていく。

自分自身で、その価値の力を最大限に引き出していけると人生をもっと楽しむことができますね!