- Focus On Investment -

孤高の投資家ブログ

ビットコインの可能性とは?投資対象になるのか?

f:id:jyonetu:20170806044756p:plain

夜の世界にようこそ。

Focus On Investment  SHOTAです。

 

今回の記事は、今時再びに注目を浴びているビットコインに関して、僕が知りうる範囲での情報と、考察を書いていきたいと思います。

 

 

ビットコインに関してご興味のない方には、つまらない記事になるかもしれませんので、その辺はご了承願います。

 

 

それでは、先ずはいつものように、お勉強から。

僕も復習のつもりで書いていきたいと思います!

 

 

 

 

ビットコインって何?

f:id:jyonetu:20170806045307p:plain

ットコインとは簡単に言えば、通貨のことです。

 

役割認識としては、現在発行されている紙幣と変わりありません。

しかし、ビットコインと現在流通されている紙幣の違いは、有形か無形か。

これが大きな違いの一つです。

 

 

つまりビットコインとは、仮想通貨。

現実には存在しない通貨ということです。

 

現実に存在しないのに、通貨なの!?

と、驚く方も居るかもしれませんが、いやいや実際にそんな通貨を私たちは日常で既に使用しています。

 

 

この記事を読まれている方の中で、ポイントを使って、欲しいモノと交換した方はどのくらいいるでしょうか?

 

そう、ポイントだって立派な通貨です。

僕はそう考えます。

 

 

だって、自分のウォレットに貯めることもできるし、商品の支払いに使うこともできる。しっかり生活の中で浸透し、流通しています。

 

蔦屋のポイントカードでレンタルビデオを借りたり、飲食店に通うことで、ポイントを貯めて、そのポイントでドリンクやサービスを受けたり。

 

昔の人が、食物と貝殻などを物々交換していたように、現代ではITの進化と共に、このような取引が日常で行われるようになりました。

 

 

そしてビットコインもまた、その例外ではありません。

今はまだ広く認知はされていませんが、未来的に主流通貨になる可能性も充分あります。

 

少し入って説明すると。

 

ビットコインはサトシ・ナカモトを名乗る素性不明の人物によってブログに投稿された論文とコードに基づき複数のプログラマーが開発したとされています。

 

ビットコインはピア・ツー・ピアというネットワークシステムにより運用されており、トランザクション(ビットコインの所有移転&取引)は仲介者なしで、ユーザー間で直接行われるという新しい取引形態を築いています。

 

そして、このトランザクションブロックチェーンと呼ばれる公開分散台帳に記録されていき、このブロックにも一定の数量が設定されており、取引が行われていく度にブロック数が増えていき、繋がれていく仕組みです。

 

 

 

ビットコイン誕生から現在まで

f:id:jyonetu:20170806052050j:plain

単にビットコインの歴史を時系列で見ていきましょう。

 

2008年 「サトシ・ナカモト」の名前で構想が発表される。

 

2009年 Bitkcoin-Qtという最初のオープンソースクライアントがリリースされて、最初のビットコインが発行され、運用が開始される。同時に大量のビットコインが生成され、「採掘」というマイニングソフトウェアが登場する。

 

同年、「サトシ・ナカモト」という名で論文が投稿される。

 

2011年 1ビットコインの価値が約0.3$から32$まで急騰し、2$に戻った。

 

2012年後半と2013年のキプロスショックの際にビットコインは高騰。

2013年4月10日には266$のピークに達し、その後、約50$まで下落した。

 

2013年 連邦捜査局(FBI)はオンライン闇市シルクロードを閉鎖、2850万$相当を押収した。

 

2013年 技術的欠陥により、ブロックチェーンの分岐が発生。6時間の間分岐した2つのビットコインは同時に使用され、激しい売り攻勢に開発者の一部が取引の一時停止を呼びかけた。その後、ソフトウェアはダウングレードされることによって正常な状態に復帰した。

 

2013年5月 ビットコイン取引所のマウントゴックスに帰属する資産が米国の国土安全保障省より押収され、薬品売買を行うSilk RoadのWEBサイトがFBIにより閉鎖された。

 

2013年10月 中国IT大手の百度は、自社ウェブサイト利用者に対し、ビットコインによる決済が行える環境を設置、さらにカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバービットコインのATMが初めて導入される。

 

2013年11月 中国を拠点とするビットコイン取引所のBTC Chinaは、日本を拠点とするマウントゴックス社と、欧州を拠点とするBitstampを追い抜き、取引量で世界最大となる。

 

2013年11月 米国上院委員会の公聴会において、仮想通貨は合法的な金融サービスであると認可され、マウントゴックス社のビットコインの価値は900$のピークに達し、中国では6780人民元(約1100$)で取引された。

 

2013年 末にかけてビットコイン時価総額は100億$を超える。

あまりの過熱ぶりに中国では金融機関がビットコインの現実参入を禁止とし、直後価値は下落した。

 

2014年 ビットコインを使ったマネーロンダリングの容疑で2人の男が逮捕。非合法のドラッグ取引目的にビットコインが関与していた。

 

2014年2月 ビットコイン取引所の大手マウントゴックス社はトランザクション展開という技術問題を理由に取引を一時停止、一週間後に価格は800$から400$まで下落。

 

2014年2月26日 マウントゴックス事件。

 

2014年6月13日 旅行最大手エクスペディアがホテルの予約決済にビットコインを採用。

 

その後も、デルがホームページの自社販売製品の支払いにビットコインを採用し、アメリカの楽天スーパーロジスティクスも取扱いを開始。

 

2015年12月18日時点でのビットコイン時価総額は8400億円にのぼる。

大手取引所Coinbaseがアメリカ24州の認可を受けたビットコイン取引所をオープンさせる。

 

2017年4月29日時点 ビットコイン時価総額は23785億円、1BTCは145,934円を記録。

 

2017年5月25日時点で、金の最高値を抜き、25日に年初の3倍となる1ビットコインあたり、2700$まで上昇した。

 

 

以上が最近までのビットコインの歩みとなります。

簡単に見ても、悪いところも、良いところも両極端に現れていて、まだまだ成長過程であるということが伺えますね。

 

 

 

ビットコインは投資対象なのか?

f:id:jyonetu:20170806060157j:plain

て、ビットコインは一体どんな目的で発行されたんでしょうか?

 

勿論流通させる目的で作られたものだとは思いますが、まだまだその片鱗は明るみにはでていません。

 

日本ではもちろん、実社会でビットコイン決済を行っている小売店は少なく、僕が確認している中では、アメリカのサンフランシスコや、ニューヨークシティのカフェなど、まだまだ試用期間と言う雰囲気も見えます。

 

ですが、着実に私たちの生活の一部に溶け込むような動きとなっているのは間違いありません。各大手のIT企業始め、スタートアップ企業、輸出入企業など、多くのユニコーン企業もビットコインを取り入れたサービスを展開しています。

 

 

そして、今一番注目されているのは、ビットコインは投資の対象になるのか?と言う点。

 

もちろんもっと早くから参入している方もいますし、それで莫大な利益を築いた人も居れば、逆に失った人も居ます。

 

それくらい波が荒いという証拠のビットコインですが、果たしてそれは「投機」になるのか「投資」になるのか。

 

しっかり見極めて判断をしていく必要がありそうです。

 

実は僕もこのビットコイン投資には一目を置いています。

あのライブドア元社長の堀江氏も当初、ビットコインは日本では流通しない。

 

というような否定的な印象を持っていましたが、あまりの成長ぶりに、今後仮想通貨のバブル時代が来る。

 

というような見方にシフトしています。

 

というものの、まだまだ中身の見えにくい部分もありますから、投資として成立するのか?については吟味していく必要があります。

 

このブログでも、もっと仮想通貨への関心を深める為に記事にしていこうと思いますし、ビットコインの他、アルトコインの可能性についてなども考察していければいいなと思います。

 

 

今回はこの辺で、失礼します。

 

読んで頂き、ありがとうございました!