- Focus On Investment -

孤高の投資家ブログ

自分の進みたい道がわからない

f:id:jyonetu:20170714003213j:plain

った一度きりの人生。

 

「自分の進みたい道がわからない」

わからないま~ま終わる、そ~んなの~はい~やだ!!

ってアンパンマンも言ってましたよ。

 

今回は、自分の進みたい道を見つけるには、どうすればいいのか?

という内容にFOCUSしたいと思います。 

 

 

まさに今って方も。

考えたことなかったけど、そろそろって方も、良かったら読んでみてください!

 

 

 

  

まずは・・・やりたいことを明確にする

f:id:jyonetu:20170713233244j:plain

然ですが、あなたのやりたいことはなんですか??

 

いったい何がやりたいんですか?

 

これはスパッと答えられる人が少ない質問のひとつ。

 

 

「なんとなく~」とか。

 

「そんなの特にないです」とか。

 

「いや、そもそも必要ないんじゃない?」

って考え方の方もいると思います。

 

最後の人なんかはある意味人生を達観しちゃってる人かもしれませんが、それはそれで置いておいて。

 

 

 

そもそも論になりますが、やりたいことがない人はこの世に一人も居ないと思います。

 

どんな人でも息を吸い込んだら、吐き出したい。

 

そのくらいの無意識レベルで、やりたいことってのは無限に生成されるものです。

 

だから、やりたい事はなんですかって質問自体がちょっとナンセンスな聴き方なのかもしれませんが、これを掘り下げて明確にすることで、自分の進むべき道が見えてくることもありますから真剣にやっていきましょう。

 

 

 

 

やりたいことを明確にできない

f:id:jyonetu:20170719230900j:plain

りたいことを明確にできないという人。

 

一体自分は何がやりたいんだろう?

どんなことをしていたいんだろう?

など、イマイチ掴めないって人は、いっぱい居ると思います。

 

そんな背景にはきっと理由があるんではないでしょうか。

 

 

特に、思うのは以下の3つ。

 

 

 

・実はやりたいことが多すぎて整理できてない場合

・今の自分にはできないと思いこんでる

・望みが高すぎる

 

 

 

やりたいことが多すぎて整理できていない

f:id:jyonetu:20170720002426j:plain

る意味幸せかもしれませんが

本人はそれで悩んでいるのかもしれません。

 

 

明確にするというくらいですから、複雑にこんがらがっていては、見えてくるものも見えてこないということ。

 

 

そんなときに必要なのは「頭の洗濯」

これにはノートやPCを使って文章に起こしてみるといいです。

 

100個でも、200個でもやりたいことを書き殴って、そこから自分なりに優先順位や、好みなどの要素を足して、逆に余計な部分は削り落として、できるだけコンパクトにしていきましょう。

 

 

パズルを作るかの如く、集めたピースで「私のやりたいこと」を完成させるのです。

きっと何かが浮かび上がってくるはずです。

 

 

さらに、やりたいことが明確になったら、自分の魂に呼びかけるように、声に出してみるといいです。

 

一種のサブリミナル効果ではないですが、目で見て、耳で聞く。

身体をフルに使うことで重要な情報として明確化することができます。

 

 

人間は忘れやすい生き物ですから、毎日そうやって目的意識を付けることで、次のステップにも勢いが付くというものです。

 

 

 

 

今の自分にはできないと思いこんでる

f:id:jyonetu:20170720004326j:plain

れも結構あることですね。

まったく無駄な観念です。

 

 

 

今の私には何もない・・・とか

こんな自分じゃ何をやっても・・・とか。

 

一種のジレンマのように、過去の経験や、成功体験の少なさから、このような制限的なマインドセットがされている場合です。

 

そんな時は思い切って逆説的な考え方に持っていくといいです。

 

その思い込みの力を利用して「なんでもできる!」という風な方向に脳を転換

させるのです。

 

そもそも初めから、なんでもできる人は居ないのですが、あまりに自分に自信がない場合、やりたいことがあっても尻込みしてしまい、身動きが取れなくなる時は誰にでもあります。

 

 

ですから、そんな時は敢えて逆説的な観念を取り入れることで、自分にゴーサインをだして、やりたいことを表に出してあげる。

 

 

そして目の前のできることからやってみる。

これがものすごく大事です。

 

 

思い込みの力は人間が持つひとつの才能、パワーみたいなものですから。

これを上手く使えば道も開けてくるでしょう。

 

この本はおすすめです。

人生の99%は思い込み―――支配された人生から脱却するための心理学

人生の99%は思い込み―――支配された人生から脱却するための心理学

 

 

 

望みが高すぎる

f:id:jyonetu:20170805182651j:plain

れもよくある話ですね。

 

目標があるけど、なかなか長続きしない。

とかもこの理想が高すぎるってのが当てはまる可能性は大です。

 

本当はこれがしたい!ってことがあっても、その望み、理想が高いこと自分でも知っている為、無意識に潜在意識の下に隠してしまっていたり。

 

そんな場合には明確にしようとしても、その想いは顔を見せてくれませんから、まずはゆっくりと自分と向かい合い、自分の声に耳を傾けてあげることが必要だと思います。

 

その上で少しずつ、その理想の片鱗を表面に出してあげることができれば、やりたいこともすこしずつ見えてくるかもしれません。

 

 

 

明確化したら行動しよう!

f:id:jyonetu:20170720005751j:plain

りたいことが明確になったらあとは行動あるのみです。

 

晴れてやりたいことが決まったら、あとはもうシンプル・イズ・ザ・ベスト。

前を向いて進むのみ。

 

 

その頃には既に、どこまでいきたいとか、ここまでのレベルになりたいとか、色々な意欲が自分の中でも出てきていますら、やりたいことが決まったなら、脇目も振らず、己を信じて身を任せましょう!

 

 

誰もあなたのやることを邪魔する人は居ませんし、異議を唱える人は居ません。

 

もし迷いが有ったり、続かなかったりするならば、それはあなたのやりたい事ではなかった。ということで、また別のことにチャレンジすればいいだけです。

 

 

確かに結果というものは、即効性のあるものではないことの方が多いですが、続けていくことで良し悪しも掴めてきます。

 

そういう意味で、ブレない為にも、やりたいことを明確にする作業はとても重要だったんですね。

 

 

 

 

 

自分の進みたい道

f:id:jyonetu:20170714002113j:plain

気づきの方も居るかもしれませんが、この時点で「自分の進みたい道」というのはあなたの後ろに出来上がっており、あなたの目の前に広がっているはず。

 

 

なので、まず、進みたい道がわからない!と、あたふたするのではなく、方向性を見据える為に、自分のやりたいことを明確にする必要があります。

 

ドラゴンクエストで言えば、明確なやりたいことが、「ボスを倒し、暗黒に覆われた世界に光を取り戻すこと」

 

そしてそれを達成する為には長い冒険が必要です。

 

 

もっと簡単に言えば、自分の進みたい道がわからないなら、やりたいことをひたすらにやっていればいいのです。

 

自ずと道は作られ、開かれていきます。

 

 

もしも、何をやりたいのかも、わからなかったら尋ねてください。

勇者も同じ。わからなかったら尋ねます(笑)

 

 

 

 

駄文、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!